おくだ総合法律事務所

離婚を決断し、それぞれの人生を歩いていくためにはたくさんのことを夫婦二人で調整し、決定をしていかなくてはなりません。日常生活を送りつつ、仕事もこなし、子どもがいる場合には育児をしながら準備を行っていかなくてはなりません。

当事者間の合意で成立する協議離婚についてでは離婚について合意する旨の双方の署名・捺印、それから未成年の子どもがいる場合には、親権者の指定について明記しておくことが必要です。

離婚届出用紙は、区役所等から受け取ることができます。その頻度や内容、養育費の額、支払方などそれぞれがしっかりと話し合っていく必要が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る