不倫の裁判の際にはどうしても女性が有利になる最低が下される可能性がとても高いということがこちらの解説で分かるかと思います。

その離婚の非が男性にあるときにはスムーズに裁判がすすむ可能性がありますが、もし男性に非がない場合にはもしかしたら男性は悪くないにも関わらず芳しくない結果になってしまうことになってしまう可能性があります。

またこちらの解説によると裁判官が女性であったことも不利な方向に拍車がかかっていたそうです。男性がどれだけ集まって集めた証拠以上に女性の涙さながらの証言の方が強いようです。

こちらの解説では最後には逆転となりましたが、そういった要因がない普通の離婚裁判の場合にはかなり女性側が有利になってくるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る