わいせつな迷惑電話の解説

奈良県と大阪府で警察官を語り不振なわいせつ電話がかかってくるという事件が2015年6月から2016年2月までに合計3000件も相次いでいるといった事件です。

中年の男の声で個人卓に電話をかけてきて女性が電話に出ると警察署の警官になりすまし下着泥棒を捕まえたら、犯人がオタクの電話番号を書いたメモをもっていた、被害はありませんかなどといい下着のサイズや色などを執拗に聞きだそうとした事件になります。

これは詳しくはわからないとされていますが、軽犯罪法に規定されているかんめい詐称だろうとされています。軽犯罪法には定められた称号などを詐称してはいけないという法があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る