有利に離婚するためには?

離婚をするためにはいきなり裁判という訳ではなく、まず協議、つまり話し合いを行ないます。
それで解決しなかった場合には調停が行なわれ、それでも解決しない時にやっと裁判で決着をつけることになるのです。

裁判で離婚判決は、どちらかの不貞行為、悪意の遺棄、3年以上生死が不明、強度の精神病、その他の重大な事由によって決められます。
その他の重大な事由には、先に挙げたもの意外にも一般的に婚姻関係が破綻している場合も含まれます。
これらが裁判の時に証明できれば、裁判上で離婚は簡単に決められます。

この証明というのは非常に大事ですので、離婚をしたいと思ったら証拠を集めるようにしましょう。
配偶者との会話のメモや、行動には問題がありますが盗み見したメールの写真でも証拠になります。
ただし極めて悪質な行為になると法的に問題視されるので、冷静な証拠集めをして有利に離婚をする準備をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る