痴漢を疑われた場合の対処

近年痴漢を疑われた人が線路に飛び降りる事件が多発しています。一般の市民として痴漢を疑われてしまった場合の対処法について解説されています。

現在では、いろいろなことを言われていますが、いろいろ説得力があり、どの言い分も正しく感じるようです。
最近では三浦義隆先生がブログで記載されており、痴漢だと疑われた場合には
1.全力で逃げる
2.駅員室に同行し、身の潔白を証明する。
3.その場に留まり、弁護士を呼ぶ
など考えられるかと思います。

1についてはハイリスクでハイリターンであるかと思います。2は良くないという判断であると解説されており、駅員室に入ってしまいますとなかなか出してくれなくなってしまい、弁護士さんも民間の場所ですので、立ち入れない可能性があります。
3が最もオススメできる方法がおすすめのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る