離婚する時に弁護士に相談する事もあると思いますが、その時の手続きについてご紹介致します。

離婚の問題に関しては当事者同士でじっくりと話し合うのが一番なのですが、別居していたりどちらかが頑に口をききたがらなかったりすると、話し合いも困難になってしまいます。
話し合いが出来る段階のにいきなり弁護士を介入させてしまうと相手方が不快な気持ちになる事もあるので、話し合いに応じてくれない状況になったら弁護士にお願いするといいでしょう。

では、弁護士に依頼したらどうなるかというと、依頼された弁護士は代理人になるので相手方との交渉を行ないます。
交渉してもまとまらない場合には家庭裁判所に離婚調停の申し立てに移り、そして調停でもまとまらない場合には最終手段として離婚裁判を起こす事になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る