DVが原因の離婚に用意する証拠

相手に離婚原因がある場合は、それを裏付ける証拠を集めると有利なのは皆さんがご存知だと思います。
近年問題視されている夫婦間暴力(DV)についても同様で、証拠が非常に有利に働くので覚えておきましょう。

DVの場合、第三者からの客観的な裏付けが非常に有効です。
例えばパートナーから暴力を振るわれて怪我をした場合、迷わずに病院を受診して診断書を貰ってください。
受診するだけでも医療記録が残るので有利ですが、さらに強い証拠にするには診断書がとても強力です。
診断書は慰謝料請求にも有利ですが、裁判所を通じて接近禁止命令を出してもらうためにも強い証拠となります。

また、警察や専用の支援センターに相談をしましょう。
こうした相談は「相談カード」として記録として残っているため、必要となったら相談した機関に連絡して写しをもらってください。

もう1つ、身体に傷の残らない精神的なDV(モラハラ)の場合、目に見えない暴力なので証拠集めが難しい場合があります。
モラハラの証拠集めとしては、ICレコーダーなどを隠し持ち、加害者からの言葉を録音しておくという手段が有効です。
また、メールなどの形に残る状態で受けたモラハラならば、そのメールを保存しておくと強い証拠になります。

やり方が分かっても自分一人で証拠集めるのは怖い・・・そんな方は専門の弁護士に相談すると力になってくれますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る